アパート建築を行った時に意識した事

入居者のニーズに合わせた間取りにすることで長期間の契約へ

更地の広い土地を所有していたがアパートを建てることにアパート建築の依頼先をハウスメーカーに決定入居者のニーズに合わせた間取りにすることで長期間の契約へ

そして、アパート建築をする時には自分の好みの間取りや様相にしたいという気持ちもありましたが、物件を求めている方々のニーズに合致している間取りなどを意識して設計を依頼しました。
契約を希望する方に多いのは夫婦や小さな子供を育てている家族連れなどなので、リビングやダイニングと共に寝室などで使用できる部屋を兼ねた間取りにする事にしましたが、子供が成長していくのにつれて間取りに求めるニーズが変化していくのに加えて、単身で契約して生活をする方においては求める条件が異なる事も思慮して自由に決められる仕組みを導入しました。
通常の状態では、リビングとダイニングの間には取り分けて壁などの仕切りが存在していなくて繋がった1つの空間のように利用できますが、簡単な作業を行うだけでリビングとダイニングの間に仕切りを設ける事ができるようになる仕組みを採用したところ、年齢が高くなって個室を求めるようになった時に室内で生活をしている個々がプライベートを保ちやすくなったと喜ばれています。
そのため、契約して入居した頃にはまだ小さかった子供が大きくなっても住み続けてくれているというように、長期間の契約が実現できています。

アパート建築 | アパート建築 なら